みなさん、bjリーグって知ってますか?

Basketball Japan League、そう、日本のプロバスケリーグです。


埼玉ブロンコス
仙台89ers
新潟アルビレックス
東京アパッチ
大阪エヴェッサ
大分ヒートデビルズ
富山グラウジーズ
高松ファイブアローズ

以上の6チームと新規参入の富山と香川の2つ、 計8チームからなるリーグです。
やっぱり地元にチームがあると嬉しいですよね。
バスケ好きな人も、バスケよくわからんって人も、ぜひ応援していきましょう!
地元にチームが無いよって人、安心してください。
5年後には12チームになる予定なので、きっとあなたの地元にもプロバスケチームが!
出来立てほやほやのリーグだからbjはみなさんのサポートを必要としてます。
bjが身近にある今、応援することはbjをあなた自身が創ることと同じです。
日本のバスケを育てよう!

bjリーグに関して、バスケに関して、どんな疑問・質問でも待ってます!
できる限り、僕の知っている限りお答えします!
少しでもみなさんのバスケの理解に、そしてバスケの普及に貢献できたら、と思います。

そんなbjリーグとバスケの普及、埼玉ブロンコスを応援するのが当ブログ。

彩の暴れ馬ホームページ
http://www.geocities.jp/ms_da_13/

※彩のくに=埼玉

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
3月は新生ブロンコスの力を発揮するチャンス。
2006 / 02 / 27 ( Mon )
石の上にも三年、か。


こんにちは、13です。


まず初めに、25、26日の2連戦をブーストしてくださった方々、お疲れ様でした!
久々のホームゲームというコトもあり、僕も応援しに行きたかったです。。。
チームの負けが続いているから会場で声援を送りたかったし、
庄司選手が加入してブロンコスはどうなったのか確認したかった。
大分との2連戦、結果を今日見ました。
残念なコトに2試合とも落としてしまったみたいですね(泣)
自分は見に行けないので、外出先にKIZNAバンドを身に着けて行きました。
本当に残念ですが、来週は所沢にブーストしに行って思いをぶつけます!


bj公式サイトでボックス・スコアを見てみると、
大分の外国人に完全にやられてしまったような印象を受けました。
7フッターのヒューズ選手が復帰していたのか…。

金曜の試合では安齋選手が15点5リバウンド5アシストの活躍!(ただしターンオーバーも5個)
僕は安齋選手は毎試合こんな数字を残せる選手だと思っています。
なんたって去年のJBL日本リーグ新人王なんですから!
2、3年後はリーグを代表するPGになっていると信じています。

55-39、56-39とリバウンドで圧倒され、インサイドを制圧されました。
ブロンコスの外国人はインサイド向きではないため苦戦。
ここ最近はブロンコスが変わりつつあると感じていましたが、
大分との2連戦ではどうだったのだろうか?
何か光は見えたのだろうか??
太志郎選手のプレータイムが少ないのも気になります…。

1ヶ月前までは同じような成績だったブロンコスとヒートデビルズ。
しかし、今となってはデビルズは4位仙台に3ゲーム差と迫り、プレーオフ出場を狙うまでになっています。
それに対してブロンコスは…(泣)

とことん我慢しますよ!
今後の日程は新潟と大阪が2試合ずつ。
その内、大阪戦は埼玉のホームゲーム。
なので首位争いをする球団との試合は少ない。
3月は8試合中6試合がホーム。
ホームならば新しい力を見せるコトができるはず。
逆に言えば、ホームでできないならアウェイでもできないんだから!

これが立て直す最後のチャンス。
そして奇跡の連勝なんかしたら、
最後の最後でプレーオフ出場争いなんかしたら、
4位になれたりしたら…

ブースターは盛り上がるじゃないか。
奇跡の、伝説のシーズンになるじゃないか。
スポンサーサイト
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
3日間ほど…
2006 / 02 / 24 ( Fri )
さあさあ、NBA週間を終わりにして、そろそろbjに戻るかね!


こんにちは、13です。


今週末はさいたまと秩父でホームゲームがあります。
庄司選手加入後のブロンコスを早く見たい!

…でも、諸事情により2試合とも見にいけないんです。
残念で残念で仕方ないです。

ブーストに飢えてるのに。
ブーストしたくてしょうがないのに。

さいたま、秩父に行ける方、ブーストをよろしくお願いします。


次回更新は月曜日になってしまいます。
それでは、また!
バスケと関係ない! | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
NBA All-Star 2006
2006 / 02 / 20 ( Mon )
やっぱりオールスターっていいなぁ。


こんにちは、13です。


今日はNBAのオールスターが放送されました。
危うく寝坊して見逃すところでしたが、ギリギリ間に合いました(^^;

いや~、面白かった!
毎年思うんですが、オールスターっていい。
特に今年のはよかったなぁとしみじみ感じてます。

何がいいって、楽しそうな選手達ですよ。
普段は真剣勝負で心身ともにすり減らしているワケです。
でも、お祭りではみんな心から楽しんでいる姿が見られます。
昨日の敵は今日の友。
オールスターでは敵チームの選手ともジョークを飛ばしながら笑ってます。
ホントに笑顔が絶えなくて、見てるこっちも自然と笑顔になってくる。
NBA見たての頃は、オールスターはイマイチ好きではありませんでした。
確かにメンバーを見るとワクワクするしお祭りは大好きです。
だけど、試合内容にガッカリするコトがしばしばだったので。
今は選手達の楽しんでいる姿を見てるだけでいいですよ。
年取ったせいか?

試合内容も近年はかなり面白くなってるような気がします。
2001年のオールスターあたりからガチンコ要素があるような。
終盤に接戦になって盛り上がる盛り上がる!


演出も重要なポイントですよね、なんたってエンターテイメントですから。
今年の開催地はヒューストンというコトもあり、「宇宙」を感じさせる演出でした。
Hip Hopではなくてスターウォーズのテーマを使ったり。

が、しかし!
それ以上に!

選手達のパフォーマンスがよかった!

東のスターティング5が紹介される時、その5人がいきなり踊りだしたんですよ。
メンバーはアイバーソン、ウェイド、カーター、レブロン、シャック。
たぶんNBAが用意した演出ではなく、シャックが勝手に考えたんだろうな♪
他の4人もそういうの大好きそうな悪ガキっポイし(笑)
これはホントに面白かった!
シャック番長がいる限りネタは尽きないですね。

東がこんなパフォーマンスやっちゃったら西にはプレッシャーですよ。
何かやらなきゃいけない雰囲気になるもんね。
そしたら、やってくれました。
5人並んだ状態で端っこから腕を波のように動かして隣に伝えていくダンス。
何ていうんだっけ、あれ…。
とにかくそれをやって、オチがヤオってのが面白い。
ヤオがあのダンスをやるとは思わなかった!
みんな大笑い。


個人的に嬉しかったのが西軍のヘッドコーチ、エイブリー・ジョンソン。
スパーズの優勝に貢献した彼が監督としてコートに戻ってきて会場から大きな拍手。
ヒューストンのファンも同じテキサスのチームの元選手ということもあってか、温かい拍手でした。
それよりも単純に、愛されていた選手が戻ってきたのがNBAファンとして嬉しかったのかも。
小さな将軍も笑顔で応えていました。


bjリーグでは今年はオールスターはありませんでした。
予定されていたものの急遽中止となったんです。
僕は、これはいい判断だったと思っています。
まだまだオールスターをできる段階ではないもの。

でも、近いうちにNBA規模とはいかなくても、
楽しめるオールスターが見られると思っています。
バスケと関係ある! | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
やはり首位は強かった。
2006 / 02 / 19 ( Sun )
一泡吹かせることが出来れば、と思ってたけど…


こんにちは、13です。


やはり敗戦直後は堪えますね。
bjリーグが出来てからというもの、
NBAしか見ていなかった僕は国内バスケに注目するようになりました。
特に地元にチームがあるためbjにどっぷり浸かっていて、
NBAのほうをあまり見なくなってしまいました。

しかし!
この時期は年に一度のNBAオールスター!
というコトで、数日の間はそっちに集中したいと思います。
夢の競演を見て、負けた気分をリフレッシュしようっと。
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
愛すべきベンちゃん。
2006 / 02 / 16 ( Thu )
上手いじゃないか、日本代表に入れるぞ。


こんにちは、13です。


おととい、午前中に公園でバスケをしていたんです。
その時に管理のおっちゃんから言われたセリフ。
いやぁ~、五十嵐や柏木らのPG陣を押しのけて代表入りするのは無理(笑)
その後、10時過ぎに自転車に乗った50代ぐらいのおじさんがやってきました。
公園をサイクリングかぁ~、と思いつつシューティング。
そのおじさんは僕の隣のコートで自転車を降り、何やら準備を始めました。
なんと、そのおじさんはバスケをしに来たんです!
これには驚きましたね!
まさか4、50代の方がバスケとは。。。
ブロンコスのCJも40代だし、アパッチのコービーパパも50歳でABAでバスケしてたんだけどね。
なんかその歳になってもバスケをしている人を見たら嬉しくなりました。
僕も続けよう!

さてさて、さっき、ブロンコスの公式サイトでナイスなコーナー発見しましたよ。



じゃ~ん、よくない?
ベンワーヘッドコーチ代行がNBAなどの経験を活かした試合展開について
ブースターと語り合う機会を設けるみたいです。
ブースターからの質問にHP上で答えたりするワケですね。

僕はこのコーナーいいと思います。
なぜならば、地味なブロンコスのHPには企画が必要だから。
それと、いきなりのCJ復帰とベンワーのコーチ登録で
采配に不安を感じた人がいるだろうと思うので、
不安解消とまではいかないけど、それに対するものではないかと僕は思ってます。
確かにベンワーはNBAで8年間やってきています。
が、しかし、だからといってコーチングの勉強無しにいきなりコーチになれるのか?
そんな疑問が湧きます。
だからこそ、こういったコーナーを設けたんじゃないかな?

このコーナーってベンワーだから成り立つんだと思うんですよ。
ベンワーってでっかいけど怖くないんです。
なんか優しいオーラが出てる気がします。
いつもニコニコ(ニヤニヤ?)笑ってるようなイメージが。
親しみやすいキャラクターだと僕は思ってます。
イナックだったらこの企画無理ですよ。
だって、無愛想だもん(汗)
別に怒ってるワケじゃないんですが…他チームのブースターは怒ってると思ってるみたいです。

ベンワーの近況が載ってたりと、埼玉ブースターにとっては要チェックなコーナーです。
早速応援のメールを送ってしまいました、つたない英語で。。。
ベンワーいいですよ、お気に入りです。


え、なんで昨日ブログ更新しなかったかって?
別に前日チョコもらえなくてヘコんでたワケじゃないですよ。

バスケでの筋肉痛でグッタリ。

こりゃ日本代表どころの話じゃないわ、おっちゃん(^^;
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
若かりし?頃の庄司選手。
2006 / 02 / 14 ( Tue )
お宝発掘しましたよ。


こんにちは、13です。


以前に庄司選手を見たコトがあるんじゃないかなぁ…って気がしてたんです。
で、やっぱり見てました。
遡ること6年、2000年のスーパードリームゲーム2000。
埼玉スーパーアリーナの杮落としイベントとして開催された大会です。
この大会にアメリカ、スペイン、イタリア、そしてホスト国日本が参加。
その時の日本代表に庄司選手は選ばれていたんです。
僕はこの試合を録画して保存しておきました。
そのビデオを引っ張り出して「庄司選手はどんな選手なんだろう?」と確認するコトにしました。


当時の庄司選手は26歳。
今と比べてまだまだ「若者!」ってカンジでした(笑)
対アメリカ戦でスターターに起用されていましたが、
本人曰く「最初はアメリカの選手に見入ってしまっていた」そうです。
そりゃそうですよね♪
表情に緊張が表れていて、そのうち「楽しくってしょうがない」、
そんな顔に変わっていったのがとても印象的でした。
途中でマッチアップしていたスティーブ・スミスに何かを話しかけられ、
テンパッた顔で頭を思いっきり縦に振っていました(笑)

ちなみに、その時の代表にはアルビの長谷川選手もいました。
いやぁ、強気なプレーで頼もしく感じました!
ドライブインしてレイアップを決めたりと流石です。


代表としての経験の中でアメリカと試合をしたコトもあったワケです。
これは貴重な財産ですよね。
そういった経験をもとに積極的にブロンコスの選手にアドバイスを伝えてくれているんだなぁ。


今度、一度練習を見に行ってみよう!
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
数字で見る埼玉ブロンコス
2006 / 02 / 13 ( Mon )
こんにちは、13です。

試合も週末までないため、細かいデータやランキングなどを振り返るのにいい時期かと思います。
というコトで、今日は埼玉ブロンコスと他の5球団の数字を比較してみます。
何か新しい発見があるかも!?

 勝敗勝率得点失点得失点差FG%3PT%FT%REBASTSTLBLKTO
大阪18-4.81890.379.0+11.346.0%32.2%68.4%54.016.25.364.6816.7
新潟18-4.81880.471.1+9.345.1%31.7%56.9%50.916.56.184.2317.3
仙台12-10.54578.380.6-2.344.5%27.3%57.3%42.815.57.143.6812.6
東京11-13.45885.287.6-2.243.3%30.9%69.9%44.213.09.003.1215.0
大分7-17.29279.384.3-5.040.6%33.5%69.5%46.015.56.423.2917.6
埼玉2-20.09171.181.4-10.337.9%27.6%64.0%36.110.85.641.3611.5

ブロンコスのスタッツは惨憺たるものですね。。。
どの数字も赤く表示したいのですが、今回は3つの部門に注目してみます。

FG%が6球団中で唯一4割を下回っています。
シュートの上手い選手が揃っているハズなのになぜ?
その理由は次の2部門の数字から分かります。
リバウンドが約36本で獲得数1位の大阪とは18本、5位の仙台とでも7本の差があるんです。
ブロックは1試合に1本程度という結果。
誰の目から見てもインサイド不足なのは明らかでしたが、数字が完全に証明してくれました。
つまり、オフェンスでは内側に相手ディフェンスのマークを引きつけてくれるビッグマンがいないので外側にプレッシャーがかかりシュートが入らない。
ディフェンスではリバウンドを拾ってくれたりブロックしてくれる選手がいないため失点を許す。
ベンワーの怪我が痛かった…(38歳に攻守の負担をかけてゴメンね…)
ナンタンブー、なんで契約解除されちゃったんだよう。・゚・(ノД`)・゚・。(208cmのイカツい選手だったのに…)


こんな怖い顔してますが(?)、名門コネティカット大出身です。
大学当時は、NBAのスターであるレイ・アレンや、ドニエル・マーシャル、
ケビン・オリー、トラビス・ナイト(懐かしい…)らとチームメイトでした。


勝った試合のスタッツを見てみるとやっぱりリバウンドを獲ってる。
まぁ勝ったのはたった2試合だけだから参考になるかどうか。
その時はベンワーがいたから今とは違うチームだし。。。

結局何がしたいって、自分で今の状況を確認したかったんです(汗)
本当は被FG%とかも計算したかったんですけど面倒で挫折。
NBAの細かい数字をチェックするのが好きなんです。
アメリカは色んなスタッツが大好きみたいで情報量に困らないんですが、
日本ではまだまだなんですよね。
bjにしてもJBLにしても知りたいデータが載ってない!!
今後はもっとランキングを充実させておくれ!
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
手から勝利がこぼれ落ちた、そんな試合。
2006 / 02 / 12 ( Sun )
たった2時間程の間に天国と地獄を見た。


こんにちは、13です。


今日は最初から最後までブロンコスの試合をPC前でブーストできました。
もうね、無念の一言ですよ。
前半の埼玉は最高でした。
マーカスが第1Qだけで16点の荒稼ぎ。
チームもかなりスティールをしたと思うし、
原さんがファウルトラブルで下がっても庄司選手がいい働きをしてくれました。
シュートを決めて、なおかつワンスローもらった時は叫びましたよ。
前半終了時には16点差の大量リード!!
ロースコアゲームの多いブロンコスが45点も獲ったなんて…!
第2Qでナイナーズを10点に抑えた守備も素晴らしい!!
60秒タイムアウトを2回も取らせました。

後半、地獄の始まりでした。。。
負けに負けている埼玉なので、16点リードしていても正直全く安心してしませんでした(^^;
ましてやバスケは流れが変わりやすく、二桁なんて簡単にひっくり返せる競技。
後半は見事にナイナーズペース。
第2Qをそっくりそのまま返されたカンジでしたね。
ここで57-49と詰め寄られる。

そして問題の第4Qです。。。
残り4分までにナイナーズが19点獲ったのに対し、ブロンコスはたったの4点。
一体全体何が起こったと言うんですか!?
久々の勝ちを意識していた13は緊張して堅くなってました(汗)
あっさり逆転され、ずるずると離されていく…あぁ…。
残り30秒頃にマーカスが一度スリーを外すも、奇跡的に青野選手がリバウンドを拾った!
そしてもう一度マーカスがスリーを放ち沈める!
70-68…おや、昨日のスコアと同じじゃないか。

当然ここからはファウルゲームに移行しますよね。
残り13秒からの両ベンチの攻防が凄かった…!
手の読み合い、裏のかき合いの連続。
仙台が60秒タイムアウトでは足りず、さらに20秒タイムアウトを要求。
アンドレ・ラリー選手を下げて田中選手を投入。
ラリー選手はフリースローが50%を下回るためでしょう。
それを受けて埼玉、戦略を変更するため20秒タイムアウトを請求。
試合再開し、マーカスがファウル。
仙台・木村選手のフリースロー。
仙台はリバウンドを確実に拾うために田中選手を下げてラリー選手を再びコートへ。
木村選手がフリースロー1投目を決めて71-68の3点差に。
次のフリースローが入った場合と落ちた場合の確認をするため埼玉20秒タイムアウト。
その後は残念ながら埼玉は点を入れられませんでした。
この13秒はスリリングで面白かったですね~、パソコン見てただけだけれど。
コーチの最大の腕の見せ所といっても過言ではないかもしれません。


仙台での2連戦、両方とも惜敗でした。
勝てた試合だけに悔しいですね。。。
でもまぁ、悪くない状況になってきたような気がしますがどうでしょう?
甘いですかね(笑)?
現地でブーストした方々お疲れ様でした!


次はアウェイで大阪…ひぇ~(^^;


そういやぁ、マーカスは第4Qの残り8分までずっと出ずっぱりだった(汗)
トータルでも40分中36、7分出てるんですね。
すんごいスタミナだなぁ…と思ったら毎試合そうですか、ありがとうございました。
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
PC前で手を合わせながら、自動更新で画面が一瞬白くなる度にハラハラ…
2006 / 02 / 11 ( Sat )
あと3点…あぁ、あと3点…


こんにちは、13です。


Yahooブログで3日に行われた大分ヒートデビルズ戦を振り返る記事を書いていました。
3回に分けて書いていて、それを全部掲載する前にブログを移転したため、
最後の第3回をこっちに掲載しようと思います。
今日の仙台戦も含めて。


会場の様子などは前回までに書きました。(前回までの記事は旧ブログにて)
今日は戦術に関して。

ブロンコスはもともとインサイドが弱くてリバウンド獲得数がダントツに少ないんですよ。
さらに大黒柱のベンワー離脱。
そういう状況もあって監督のCJが急遽現役復帰を決定しました。
CJ曰く「コート上のリーダーになりたかった」と。
コート上に監督がいるわけだから指示が浸透しやすいかもですよね。
実際に3日のCJ復帰戦では攻守にわたって指示を飛ばしていました。
守備時にはブロンコスはゾーンディフェンスを多用していたように思います。
確か2-3のゾーンで、CJは後列の真ん中、ゴール前。
一番指示しやすいポジションです。
ゾーンディフェンスはインサイドが弱いチームには打ってつけの戦略。
相手チームはインサイドを攻めづらくなり外角シュートでしか対応できなくなる。
…しかし、それはゾーンが機能したらの話。
なぜか大分の選手は楽々インサイドに切り込んでいました。
その選手に対してブロンコスのゾーンが収縮。
これ見よがしに大分の選手はパスアウト。
3ポイントライン外でパスを受け取った選手が見事にスリーを決める。
とにかくゾーン相手のはずなのに中と外でパスがポンポンまわるまわる。
こんな流れるオフェンスはブロンコスでは見たことない!

オフェンスに話を移しましょう。
ベンワー離脱後は清水太志郎と清水耕介のW清水がブレイクしました。
2人とも強気のオフェンスが持ち味のプレイヤー。
しかし最近(トニーエル加入後?)は目立たない。
トニーエル加入が2人に影響を及ぼしてるかどうかは分からない。。。
でも、3日の試合を見て思ったのは、
かなりトニーエルのアイソレーションを多用しているなぁ~、というコトですね。
埼玉にはオフェンスで引っ張れる選手が少ないため、
若くて勢いのあるトニーエルに任せる部分が大きいんでしょうね~。
本人が自分がやらなければ、という意識があるのかどうかは分かりませんが(笑)
PGがセットオフェンスをするためにトニーエルにボールを要求しても、
トニーエルはアイソレーションでいく場面が多かった。
その日は36点の大爆発でブースターから「マーカス!」コールの祝福を受けましたが。
それを受けてマーカスは両手をクロスさせるカンジのポーズ。
(どんな意味があるんだろう?聞いてみたい…)
トニーエルのボール持ちすぎを抜きにしても、
外角しかない埼玉対して相手ディフェンスは当然ガード陣にプレッシャーをかけるわけですよ…。
おかげでW清水、特に耕介が苦しんでいます。
耕介をフリーにするためスクリーンをかけてはいるんですが…。

う~ん、振り返ってみると攻守ともに問題アリですね(^^;

オフェンス
・インサイドを攻められず、アウトサイドの選手にマークが集中する。
・トニーエルのアイソレーションでオフェンスが単調に。
・実はイナックも似た傾向がアリ(汗)

ディフェンス
・リバウンドが弱い。
・ゾーンを敷くが簡単に突破される。

僕はただの素人なので打開策なんて思いつきません。
ただ、気になるのは日本人選手にフリースローが少ないというコト。
インサイドを主戦場とする外国人選手、特に開幕からいるイナックが一番多い。
しかし日本人選手ではスターターの耕介とベンチの青野選手がほとんど同じ。
フリースローは果敢にゴールに向かってアタックしているかの現れです。
青野選手はインサイドにドライブしてファールをもらうコトがあります。
ベンチスタートにも関わらずチームで2、3番目の試投数なのはそのせいでしょう。
フリースローは得点のチャンスであると同時に相手をファウルトラブルに陥らせるチャンス。
相手の外国人ビッグマンをファウルでベンチに下げることができたなら、
攻守でインサイドに問題を抱える埼玉にも希望が見えてくる。
だからこそ、日本人にも果敢に切り込んでほしい。


そんなブロンコスの今日の試合結果。

70-68

後半追い上げたのに…最後の安齋選手の3ポイントが外れたみたいですね。
残り1分半ぐらいに仙台のラリー選手がダンクを決めた時は盛り上がったんだろうなぁ。
追い上げられていたし、今日は満員だったみたいだし。
やはり「3点シュート失敗」の表示が多かった気がします。
新加入の庄司選手も頑張ったようですが…。


第1クウォーターはよくなかったものの、追い上げたしよしとします。
2勝19敗?14連敗?
今後破られるコトがないんじゃないかっていうぐらい負けてるんで、
なんかもう負けてもヘコたれないです。
決して感覚が麻痺してたり開き直ってるんじゃないですよ(^^:
とりあえずいい試合してほしい。
次につながる試合してほしい。
もちろん勝って欲しいけど、一生懸命やってくれれば。
僕は基本的に甘いんで(汗)


今日は惜しかった。
この勢いで明日は頼む!


長い文章を読んでくださった方々、ありがとうございました!
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
新たなスタート
2006 / 02 / 10 ( Fri )
Yahooブログから引っ越してきました。


こんにちは、13です。


去年の6月からYahooブログでbjリーグと埼玉ブロンコスを応援するブログを運営してきました。
しかし、Yahooブログはあまりにも重くてエラー連発で1つ記事を更新するのさえままならない状況です。
これでは更新が負担になってしまうため移転してきました。


古い記事は気が向いたらこっちに移しますが、Yahooブログのほうに残しておきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ms_da_13


現在埼玉ブロンコスは2勝18敗(!)と最悪な状況です。
しかし、Mr.ブロンコスであるCJことチャールズ・ジョンソン監督が現役復帰、JBLを脱退した福岡レッドファルコンズから元日本代表の庄司和広選手を迎えるなど、活発な動きが出てきています。

自分もブログを一新して気持ちを新たに応援していこうと思います。

というワケで、彩の暴れ馬と埼玉ブロンコスをよろしくお願いします。
まずはじめに | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。