みなさん、bjリーグって知ってますか?

Basketball Japan League、そう、日本のプロバスケリーグです。


埼玉ブロンコス
仙台89ers
新潟アルビレックス
東京アパッチ
大阪エヴェッサ
大分ヒートデビルズ
富山グラウジーズ
高松ファイブアローズ

以上の6チームと新規参入の富山と香川の2つ、 計8チームからなるリーグです。
やっぱり地元にチームがあると嬉しいですよね。
バスケ好きな人も、バスケよくわからんって人も、ぜひ応援していきましょう!
地元にチームが無いよって人、安心してください。
5年後には12チームになる予定なので、きっとあなたの地元にもプロバスケチームが!
出来立てほやほやのリーグだからbjはみなさんのサポートを必要としてます。
bjが身近にある今、応援することはbjをあなた自身が創ることと同じです。
日本のバスケを育てよう!

bjリーグに関して、バスケに関して、どんな疑問・質問でも待ってます!
できる限り、僕の知っている限りお答えします!
少しでもみなさんのバスケの理解に、そしてバスケの普及に貢献できたら、と思います。

そんなbjリーグとバスケの普及、埼玉ブロンコスを応援するのが当ブログ。

彩の暴れ馬ホームページ
http://www.geocities.jp/ms_da_13/

※彩のくに=埼玉

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
ドラフトから一夜明けて。
2006 / 05 / 23 ( Tue )
富山と高松はいい指名をしたんじゃない!?


こんにちは、13です。


bjリーグドラフト2006 指名選手一覧
1巡目
1位富山呉屋 貴教188cm/SG日本大学
2位高松石田 晃章196cm/C・F中央大学
3位仙台高橋 憲一181cm/G日立電線ブルドッグス
4位大阪佐藤 浩貴203cm/C松下電器スーパーカンガルーズ
2巡目
5位大阪斉藤 資180cm/G日本体育大学
6位仙台近藤 雄治187cm/SGホシザキ東海
7位高松ディアン・ティエルノ・セイデゥ・ヌロ206cm/C・F福岡第一高校
8位富山陰 承民195cm/F大分ヒートデビルズ
3巡目
9位富山米本 聡176cm/PG三菱電機メルコドルフィンズ
10位高松城間 修平189cm/F福岡レッドファルコンズ
11位新潟池田 雄一191cm/F東海大学
4巡目
12位新潟田中 千尋203cm/C大阪産業大学
13位高松菊池 宏之190cm/F京都産業大学
14位富山石橋 貴俊210cm/C富山グラウジーズ
5巡目
15位富山野尻 晴一194cm/F大塚商会アルファーズ
16位高松アイザック・ソジャナー201cm/PF静岡エッジワン
6巡目
17位高松喜多 誠170cm/G豊田通商ファイティングイーグルス




























これを見て思うこと

・既存チームの指名の少なさ
・ガードの選手の少なさ

まず、既存チームは既にプロテクトを行っています。
それによりある程度の戦力を確保しているため大量に指名する必要がない。
(もちろんプロテクト数に差はありますが)
ガード陣は既に保有している、もしくはすぐ補強できる、
そういった考えからビッグマン優先で指名しているのだと思います。

それと、年俸総額を抑制する意図が見えるような。
球団としては当然コストを抑えて勝てるチームを作りたい。
なのでプロテクトでA契約選手を複数抱えているチームは
これ以上A契約で年俸を上げたくないのかもしれません。
今後チームトライアウトでB契約選手を獲得していく方向かな。
ただでさえリーグ設立したばかりで台所事情が苦しいはずだから
サラリーを抑えるのは当たり前なのでしょう。

で、行き着いた結論。
「現在のリーグではドラフトは機能していないのでは?」
僕はドラフト制度の有益性はよく分かりませんが、
NBAで見慣れているしエンターテイメント性もあるので賛成です。
ですが、今のbjリーグでは有効に働いていないと今回感じました。

その理由として

・大阪指名2人 仙台指名2人 新潟指名2人 大分指名なし 埼玉指名なし 東京指名なし

これですよ。
さっきも言ったように年俸のことなど様々な事情があるんでしょうが、
プロテクト全然してないチームがほとんど指名しないってのはどうもね。
指名したい戦力がいなかったのかもしれない。
サラリーキャップが低いため、A契約をしたくないのかもしれない。
っていうかB契約で選手揃えられるのかもしれない。

おかしいよ、やっぱり。
これだけ選手がいて指名しないのは。
なんのためのドラフトなんだろうか。
指名しなくてもチームを作れる状況をどうにかして、
トライアウトに今まで以上に人材が集まる必要があるのかもしれない。
とはいえ、数年後には各チームに戦力が整い始め、
大幅なチーム改革(仙台みたいな)も減り、
優秀な人材がトライアウトを受けるようになって、
ドラフト制が機能するようになるんじゃないかなぁと考えてます。
スポンサーサイト
bjリーグ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
いよいよ5巡目、ブロンコスの登場だぞ…って、あれ…?
2006 / 05 / 22 ( Mon )
埼玉:指名なし(指名終了)


こんにちは、13です。


どんな選手が入ってくるのか楽しみにしてPCに張り付いていたんですが、
一瞬で埼玉の今季のドラフトが終了したことを認識しました。
あぁ、楽しみしていたぶんガックリですわ。
今後チームトライアウトで採るんだろうけれど。
色々他のチームのドラフトに関して思うところありますが、
テンションさがりまくりんぐなので今日はこのへんで。

本日のドラフト会議に成田GM、ベンワーヘッドコーチ代行、三木テクニカルアドバイザーが出席致しました。
ドラフト会議において指名は致しませんでした。

今後のチーム編成につきましては、ホームページ等においてタイムリーにブースターの皆様にお知らせ致します。


頼むよ!
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
もういくつ寝ると、月曜日。
2006 / 05 / 19 ( Fri )
もうね、早く月曜になれよと。


こんにちは、13です。


毎日考えていることといったらbjリーグドラフトのことばっかり。
結局今年はドラフト候補者リストが公表されることはなさそうです。
残念だなぁ、去年は公開されてドラフト候補者が分かったのに。
それはともかく、今日はbj公式でこんな発表がありましたよ。

『ドラフト(新人選択)会議、結果速報のお知らせ 』

え、これって、あれ?NBAみたいなヤツ?
指名するたびにサイトが更新されてリアルタイム速報みたいになるヤツ?
それとも単純にドラフト終了後にまとめて発表されるとか?
もしシーズン中の試合のリアルタイム速報みたいに更新するのなら、
それはまさにNBAと同じやり方で最高ですよ!
毎年NBAドラフトはラジオやサイトでリアルタイムで楽しんでるので。
去年のドラフトは動画がライブドアにアップされていましたね。
しかも、最初から最後まで全部。
あれはよかった。
今年はリアルタイムだとしたら、泣く。
たぶんそうじゃないと思うけど、もしリアルタイムなら、泣く。

何度も言ってるけれど、ドラフトもエンターテイメントですよ。
試合のリアルタイム速報はたくさんの人が体験して、
その面白さを実感しているはずです。
それをドラフトに置き換えてみてください。

自分のチームが誰を指名するのか…
あ、前のチームにあの選手指名された!!
じゃあウチは誰を採るんだ…!?
ドキドキ…

楽しくない!?
bjリーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
のんびり見守ろう。
2006 / 05 / 17 ( Wed )
エクスパンションの結果は22日に発表かぁ。


こんにちは、13です。


今日は後回しにしたブロンコスの話。

ネットのあちこちでブロンコスブースターが今回の発表を
驚きと不安をもって受け止めているようですね。
プロテクトは多めだと思っていたけど、まさか7人とは…とか、
昨季と変わらないメンバーになりそうだけど大丈夫?的な。

確かにヘッドコーチの去就が決まっていないし、
ドラフトも高順位は望めない、
最下位だった昨季と同じメンバーでほとんどがアウトサイド陣。
不安になるのもよく分かります。

ただ、僕は全然気にしてないです。
ドラフトで指名するよりも現有戦力のほうがいいと判断したのでしょう。
埼玉の選手の多くはとても若い。
だから、僕はいきなりチーム成績が向上することよりも、
来季どれだけ成長したかを選手個々が披露してくれることのほうが楽しみなんですよ。
まぁ勝敗はチーム運営に大きく関わってくるんで重要なんですけどね。
いいじゃない、数年後、今の選手達が20代後半の選手として脂がのり切った状態になって
リーグにブロンコス王朝ならぬ暴れ馬牧場を築いているかもしれないし。

今回プロテクトされなかった選手がいて、
その選手が再びグリーンのユニフォームに袖を通すかは分からない。
そういったプロの現実とブロンコスへの愛着との間で戸惑っている方も多いようです。
仮に埼玉ではなく他のチームでプレーすることになったら、
埼玉で試合をする時に拍手で迎えてやればいい。
そしてその選手がいいプレー、つまりブロンコスにとっては悪いプレーをしたら、
笑って「ちくしょう」って言ってやればいい。
要は好きな選手が移籍しても温かく応援し続ける。
僕は甘いんで、こう思ってますよ。
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
昨日は"Blue Monday"というよりは"Green Monday"?
2006 / 05 / 16 ( Tue )
昨日はちょっとはっちゃけすぎたか。


こんにちは、13です。


ソースが2ちゃんねるだったってことで、調子に乗ってAAを使ってしまった。

さて、とりあえずブロンコスの話は後回し(笑)
プロテクト対象者発表から一夜明けて、各チームのブースターさん、いかがですか?
結構みなさんにとって驚きの結果だったんじゃないかなぁって勝手に推測してます。
何が驚きかって、

・仙台が日下選手のみをプロテクト
・3名を超えるプロテクトをしたチームが4つ

ってとこですかね。
驚きというよりは、僕の頭の中には複数の球団が
こんなにプロテクトするという考えが思いつかなかっただけか(^^;
多くのチームが3名以上プロテクトすると予想すれば、
自チームも多くプロテクトしてもそんなにドラフト指名順には影響ない。
逆に、自チームが少なくプロテクトすれば、
年俸削減+ドラフトを早い巡から有利に進められる。
各球団にそういった思惑があったのかも、なんて勘繰ってみたり。

プロテクト対象者が決まった=エクスパンション対象者が決まったってコトですね。
ということは、富山と高松は…

村上 和之G175cm75kg29歳5.9ppg/FG 35.6%/FT 75%
吉田 平F190cm80kg24歳5.3ppg/FG 31.3%/FT 81.8%
佐藤 真哉SG186cm72kg28歳5.3ppg/FG 32.8%/3PT 26.3%
木村 洋人G176cm68kg23歳3.6ppg/FG 33.3%/3PT 35.9%
田中 範昌PG183cm75kg25歳2.0ppg/FG 54.8%/3PT 26.7%
斉藤 恵一F193cm83kg24歳1.1ppg/1.2rpg/FG 32.7%
大西 裕之F195cm80kg24歳2.6ppg/2.2rpg/FG 35.8%
松田 大地F186cm79kg24歳0.4ppg/FG 16.7%/3PT 12.5%

小川 忠晴C/F194cm94kg35歳0.5ppg/0.5rpg/FG 28.6%
橋本 伸広PF194cm96kg28歳1.5ppg/1.1rpg/FG 51.2%
浦 伸嘉※PG172cm65kg25歳0.4ppg/FG 14.3%/3PT 16.7%
※エクスパンションの対象?

中西 恒彦SF193cm83kg27歳0.6ppg/0.7rpg/FG 14.3%
長谷川 聖PF193cm85kg24歳2.6ppg/2.7rpg/FG 45.6%

信平 和也192cm85kg23歳0.5ppg/0.9rpg/FG 24.0%

太田 和利SG191cm85kg23歳1.7ppg/1.4rpg/FG 30.4%
石橋 晴行SG173cm70kg31歳3.3ppg/FG 36.8%/3PT 36.8%
竹田 智史SG185cm72kg25歳1.5ppg/FG 31.8%/FT 52.9%
宍戸 治一PG173cm75kg22歳2.4ppg/1.6apg/FT 71.9%
田村 大輔※SG181cm79kg24歳0.4ppg
※エクスパンションの対象?

島袋 脩G/F187cm75kg23歳1.4ppg/0.9rpg/FG 38.6%
栗野 譲F195cm100kg25歳5.5ppg/4.5rpg/FG 45.6%
君塚 大輔G/F188cm75kg22歳2.6ppg/FG 29.9%/3PT 20.8%
bj公式サイトを参照しました。
各選手の良くも悪くも気になった数字を載せてみました。
既に誕生日を迎えている選手もいるかと思うので年齢が違うかも。
あくまで目安として。

この中から選手を指名していくわけか。
よく分からないのが、この中の合同トライアウトに参加してた選手。
既存選手はドラフトの対象外とbjブログに書いてありました。
既存選手ってのは浦選手や田村選手のことかな?
ドラフト=新人選択会議だから対象外でしょうね。

22日までにはエクスパンション・ドラフトが行われるわけです。
さて、新規参入の2チームがどう動くか。
とりあえず、エクスパンションの日にちを教えておくれ、bjさん。
bjリーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
信憑性は不明。改め、公式アナウンスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!
2006 / 05 / 15 ( Mon )
現在裏づけ捜査中。捜査終了。


こんにちは、13です。


2ちゃんねるにプロテクト情報が載っています。
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/basket/1145369530/
これが本当かどうかは分からないけれど、
もし正しいとしたらかなり面白い結果です。
ブースターの予想を大きく覆されたと言えそう。

とはいえ、やはり公式の正式発表を待つしかありません。
発表されなそうな気がしてきたけど。


<追記>
正式にプロテクトリストがアナウンスされました。
http://bjleague.livedoor.biz/archives/50695092.html
2ちゃんねるの情報は正しかったようです。
誰か知らないけどGJ!
bjリーグ | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
プロテクトすべきか、指名すべきか、それが問題だ。
2006 / 05 / 14 ( Sun )
明日はBlue Mondayかなぁ?


こんにちは、13です。


いよいよ明日、各チームのプロテクトリストが発表されます。
各チーム(特にブロンコス)がいったい誰をプロテクトするのか、
それを知りたくて早く月曜にならないかな~って心待ちにする一方で、
プロテクトされなかった選手が新規参入球団に指名されたらどうしよう…
なんて期待と不安の入り混じった気持ちです。
まぁ移籍などもプロスポーツのビジネスなんでね。
その辺はクールに受け止めたいと思います。

今日はこれしか言えん。
その気持ちでいっぱいなのさ(汗)

みなさん、明日はbjリーグの公式サイトを要チェックです!
bjリーグ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
bjリーグの各賞受賞者。
2006 / 05 / 12 ( Fri )
なんじゃこりゃぁ!?


こんにちは、13です。


ネットサーフィンしてたらこんなん見つけました。
http://www.asia-basket.com/jpn/jpn.asp
なにこれ?

MVPが大阪のリン・ワシントンなのは周知の事実。
しかし…
Guard of the Year
Forward of the Year
Center of the Year
Import Player of the Year
Domestic Player of the Year
Defensive Player of the Year
Newcomer of the Year
Sixth Man of the Year
こんな賞あったっけ??
ずいぶん細かく賞を分けたねぇ…。
それにしても本当にこんな賞あるの??

まだありますよ。
1st Team
2nd Team
All-BJ League Team Honorable Mention
All-Domestic Players Team
All-Domestic Team Honorable Mention
All-Imports Team
だって。
1st Team = ベスト5と解釈してスルーしようとしたら、どうも違うみたいなんですよ。
bjのベスト5に選ばれている仙台のマイケル・ジャクソンが1st Teamには入っていない。
これらはbjが表彰したんじゃなくて、リンク先のサイトが独自に選んだもの?
だとしたらよくチェックしてますね、こんな極東リーグの初年度を。
ちゃんと受賞者についてのスカウティングも書いてあるし。
ささっと読んだだけだから真偽のほどは分かりませんが、ネタとしてブログに載せてみました。


耕介が2nd Teamに入っとる。
bjリーグ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
シーズンオフでのバスケの楽しみ方。
2006 / 05 / 11 ( Thu )
埼玉ブースターにはハラハラドキドキの展開。


こんにちは、13です。


bjリーグのシーズンが終わって寂しいですよね。
特に熱狂的にチームを応援してきた籠球専門観戦人なんかは
潤いの無い日々を送っていそうで心配です。
仕事、手についてますか?
会社のパソコンで更新頻度の落ちたbj関係のサイト見てませんか?
勉強、できてますか?
授業そっちのけで選手の名前をノートに書いてませんか?
待ってください。
ドラフトがあるじゃないですか。
チームの来季、さらに将来を占う重要なイベントですよ。
今日はオフの楽しみ方としてドラフトを紹介します。

日本でドラフト制を採用しているのはプロ野球だけなので、
昨年bjリーグがドラフトを行った時に話題になりました。
野球のドラフトをニュースで見て知ってる方も多いと思いますが、
ドラフトは十分エンターテイメントですよ。
自分が応援しているチームはいったい誰を指名するのか。
考えただけでワクワクしませんか?
チーム状況を自分なりに分析して本番に臨むと一層ワクワクします。
「えぇ!?今はガードは必要無いだろ!?」とか、
「前評判の高いあの選手を指名できたなんて!」とか。
それにはある程度ドラフト候補選手の情報が必要なんですけどね。
昨年、ドラフト対象選手リストをbjが公表したように今年も期待。

では、ドラフトまでの流れをおさらいしておきましょう。

一次トライアウト

最終トライアウト(115名中、約60名が通過)

プロテクト選手発表(5月15日)

エクスパンション・ドラフト(5月21日までに)

ドラフト(5月22日)

今年のドラフトの特徴はエクスパンションですね。
これは新規参入球団がある場合に行われる方式で、
既存の球団が保有戦力の内の数名をプロテクトして
プロテクトされなかった選手がエクスパンション・ドラフトの対象となります。
そのドラフトで富山グラウジーズと高松ファイブアローズが選手を獲得します。
そして、2球団にある程度メンバーが揃ったところで8球団で改めて本ドラフトを行う。
ここでは最終トライアウトを通過した約60名が指名の対象となるわけです。

ドラフトの指名順はもちろん重要な鍵です。
しかし、今回に限って言えばプロテクト枠が何名か、が最も重要かと。
その人数によっては、既存の球団が泣く泣く手放さなければならない
貴重な戦力が出てくるかもしれません。
ドラフトの指名順、欲しいドラフト指名候補、
各チームが指名するであろう候補、誰をプロテクトするか…
約2週間、GMや球団関係者の腕の見せ所です。

プロテクト人数やドラフト方法などの規定が今日発表されました。
まずはbj公式サイトで確認してみてください。
http://bjleague.livedoor.biz/archives/50687507.html
これによると、プロテクトは何人でもOKなようですね。
しかし、3名を超えるとその人数ぶんドラフト指名権が行使できなくなります。
おそらく埼玉は1巡目3位以内の指名権を得るでしょう。
となると、プロテクトしてトップ3以内の指名権を放棄するとは考えにくい。
ブロンコスでは半数以上の選手がプロテクトされない、
つまりエクスパンション・ドラフトの対象となって高松や富山に指名される可能性が。
もしそこで指名されなければ後で埼玉と再び契約することはできますが、
もしかしたら選手が結構入れ替わってしまうかもしれませんね。
チームにとっては難しい決断だろうし、ブースターもこの行方は見逃せません。


一応契約に関しても触れておきます。
bjリーグでは2種類の契約があるんです。
A契約…契約期間は1年間、最低年俸300万
B契約…契約期間は1年以内、最低保証年俸なし
本ドラフトで指名された選手はA契約を締結することができます。
それ以外の方法での入団は全てB契約を結ぶことになるわけです。
それとサラリーキャップ制により各チームに契約金額の上限が設けられています。
昨季は公表されなかったものの噂では6000万だったとか。
その範囲内で選手を確保しなければならないため、
大物一人に頼る方法は難しいですね。
今季はサラリーキャップ上がるのかな?


NBAドラフトみたいに、bjリーグドラフトもテレビで中継されるようになるといいな。
ニックスファンみたいにコミッショナーにブーイングはできないけどね(笑)
bjリーグ | トラックバック(2) | コメント(2) | page top↑
"バスケがしたい!"ヤツと"バスケが見たい!"ヤツ。
2006 / 05 / 08 ( Mon )
バスケが見たい!


こんにちは、13です。


電車の中でセッチーらしき人を見ました。
狂言師の和泉さん家のお母さんね。
…と思ったらソックリなおばさんでした。
周りにセッチー鬼瓦軍団いなかったし、やっぱり気のせいか。
移動手段は電車じゃなくてヘリだもんね。


今日はbjリーグの最終トライアウトが新木場で開催されました。
このトライアウトに残ることができれば、ドラフトで指名される権利を得ます。
それはつまりA契約を結べる権利というコト(でいいんでしたっけ?)。
一次を通過した選手と各チームから推薦された約120名が
プロを目指してしのぎを削るトライアウト。
今年はどんな選手が集まっているのか。
そして、プロになりたい一心でサバイバルに挑む緊張感や空気を感じたくて
予定をすっぽかして新木場まで行ってしまいました。
生まれて初めて体験するトライアウトとはどんなものなんだろう?
会場に近づくにつれて僕も緊張してきました。

小雨が降る曇り空。
場所は新木場、「夢の島」。
その地名通りかもしれません-ごく一部の人にとっては。
正午から始められたトライアウト。
僕が到着したのは午後1時前でした。
体育館の場所を聞かなくてもすぐにどこか分かりました。
バッシュと磨かれたフロアが擦れる音と地に響くドリブルの音が
会場までの道を教えてくれたからです。
既にゲーム形式の選考が行われていたようです。
選手達は身長によっていくつかのチームに分けられ、
2つのフロアで何度も5対5を繰り返していました。
ちゃんと審判も付けていましたが、もはやいないに等しいぐらい笛は甘い。
見学の人もそこそこいたようですけど、ほとんどが選手の身内でしょう。

フロアをざっと見回すと、外国人選手が目に入りました。
福岡第一高校のヌロ選手だろうか。
外国人選手が他にも数名参加していましたね。
あとは、ストリートからも挑戦していました。
レジェンドというプロストリートバスケリーグのJUNさん、STさん、斉藤卓さん。
新撰組のTシャツを着ている人もいたなぁ。
それと、ブロンコスのパンツを履いている選手が5人ほど。
あのデザインは昨季まで使っていたヤツのような気がする。
ブロンコスクラブの選手達かな?
また、元大阪エヴェッサのビットル選手、福岡レッドファルコンズの根間洋一選手の姿も。
そうそう、グラウジーズのビッグマン石橋選手も当然参加。
松下電気の佐藤っていう選手もいたとかなんとか。

2時半過ぎぐらいまで今日の一次選考がありました。
120名ほどいたのでレベルの差が見て取れました。
関係者席にはブロンコスの選手達がトライアウトを見守っていましたよ。
青野、原、庄司(契約は4月30日までじゃ!?)、長谷川、安藤選手ら。
竜さまもいたような…。
東京アパッチのダレン牧選手もいましたね。

3時を過ぎてから選手達全員が集められ、まず河内コミッショナーから一言。
約60名が通過したけれども、その中には優れた選手の他にもう少し見てみたいという選手もいる。
だから、選ばれても勘違いせずに気を引き締めろ、的な内容でした。
その後に通過者の名前が発表されていきました。
以下、約60名中で聞き取れた選手や知ってる選手。

石橋 貴俊 (富山グラウジーズ)
与那嶺 翼 (日体大)
野尻 晴一 (大塚商会)
陰 承民 (大分ヒートデビルズ)
根間 洋一 (福岡レッドファルコンズ)
城間 修平 (福岡レッドファルコンズ)
ビットル・アルフォンソ・アリサ (大阪エヴェッサ)
呉屋 教則 (日本大)
山田 だいすけ←聞いたことある気がしたので…
田村 大輔 (大阪エヴェッサ)
斉藤 卓 (Team-S)
浦 伸嘉 (新潟アルビレックス)
JUN (Team-S)
ST (太平洋クラブ)
椎名 雄大? (中央大?)←たぶん…

ヌロ選手も残ったと思うんですが、他にも黒人選手がいてよく分からんかったです。
名前も長くてスタッフがちゃんと呼べなかったし。
他にも白人選手、ブロンコスクラブ?の2人。
中国か韓国の選手も数名通過したようです。
やっぱり名前聞き取れなかった。
大分のプラクティスシャツを着てる人がいたけど元ヒートデビルズ?

結構いいビッグマンもいましたよ。
あの選手は日本人なのだろうか?
身長もあってかなりガッチリしてたし走ることもできてた。
ちょっと気になるなぁ。

とにかくこの中から22日のドラフトで指名される選手が出るワケです。
トライアウトを見ていて思ったのは、色んな選手がいるんだなというコト。
当たり前の話ですが、選手によってアピール方法も違うんですよ。
とにかくボールを要求しまくって持ったら離さない選手、
パスの中継点になることが多い潤滑油的な選手、
指示や声を盛んに飛ばす選手などなど。
各球団の関係者はどういった部分で選手を選ぶんでしょうかねぇ~。

ということでトライアウト最終選考をお届けしました。

最後に。
見学者には参加選手の一覧表などが配られたわけではなく、
あくまで見たり聞いたりして選手の把握しただけです。
そのため、全然名前が違ったり、通過していなかったりと
記事に間違いがあるかもしれません。
もし何かしらのミスがありましたら書き込んでいただけたら幸いです。
間違った情報を発信したくありませんし、関係者に迷惑がかかってしまうので。。。
お断りをお願いをあらかじめしておきます。
bjリーグ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
TBS宛てアンケート強化キャンペーン実施中。
2006 / 05 / 07 ( Sun )
もはや埼玉の宿命なのね。


こんにちは、13です。


みなさん昨日のスーパーサッカーはご覧になりましたか?
か~なりインパクトのあるイントロでしたね。
内容もブロンコスの今季を的確にまとめたカンジ。
扱ってくださった関係者の方々には本当に感謝です♪

放送直前で眠気に勝てなかったなど、
惜しくも見逃してしまった方のために
ざっと内容をお話したいと思います。

「がんばれブロンコス」と銘打ったタイトルで始まりました。
浦和レッズ・最下位、西武ライオンズ・最下位、そして埼玉ブロンコス・最下位。
こんな3連発のイントロが流れました。
どうやら埼玉に本拠地を置いた球団は初年度は最下位スタートのようです。
西武も埼玉に移転してすぐの時は最下位だったんですね~、知らんかった。
ベンワーの離脱や中学校の体育館での練習、選手が通訳をこなすなど、
苦しい状況がクローズアップされます。
また、決勝の舞台を見つめる埼玉関係者が映し出され、
耕介選手が「来年はここでプレーしたい」とコメントするシーンも。

このままで終わったら悲しい特集ですよ。
この後、埼玉がベストブースター賞を受賞したことに話題が移りました。
19連敗しても駆けつけるブースター。
そのコトに涙ながら感謝する成田GM。
一緒に戦っているようだったと語る青野副キャプテン。
来季の飛躍を誓うわけです。

と、このような内容でした。
イントロとGMの苦悩が印象に残る特集でしたね。
深夜枠だけど、3分ぐらいはあったんじゃないかな?
結構長かったと思うし、サッカーファンにも印象付けられたと思いますよ。
今後もメディアに特集してもらいたいですよね。
ドラフトは無理?TBSさん。ちょっとでいいから。。。

なんかさ、埼玉のチームは最下位スタートが運命なのかもね(笑)
レッズもライオンズもそうだったし、うっかり納得しちゃいましたよ。でも、その後強豪化していく!
ブロンコスも諸先輩方と同じ道を歩んでいってほしいものです。


特集を組んでくれたTBSさんに最大級の感謝!!!!

そして、感想をTBSさんに送ろう!!!!
http://cgi.tbs.co.jp/ppshw/supers/0099/enquete.do
バスケに対する反響を見せ付けて印象をよくしよう(笑)
埼玉ブロンコス | トラックバック(2) | コメント(21) | page top↑
亀田兄弟とバスケ世界選手権の接点?
2006 / 05 / 05 ( Fri )
みんな見たでしょ?


こんにちは、13です。


亀田大毅と興毅の試合ですよ。
よかったよ、プライドと放送時間がかぶらなくて。
おかげで7時~11時までずっとテレビの前に正座だけどさ。
いや~、素晴らしかったよね。

バスケ世界選手権のCM。

ボクシングの試合じゃなくて?
いや、もちろんよかったよ。
いいパンチが当たるたびに「よっしゃ!」って大声上げたし。
完全に格が違っていたように感じてました。

でもねでもね、バスケ好きな人なら気になったでしょ??
コーナーのポストに印刷されてた世界選手権のロゴ。
「ええ?JABBAかFIBAがスポンサーなの!?」って思いましたよ。
世界選手権のCMも流れてたしさ。
CMやってたの今日知りました。
亀田兄弟の試合は視聴率よさそうだから宣伝になったかもしれませんね。

ついこの間bjリーグのプレーオフが行われてた会場を、
たった2人のボクサーが満員にしちゃうんだもんなぁ。
やっぱりメディアがしょっちゅう取り上げてるし、
それだけの価値や効果があるってことなんですね。

そこで今日も宣伝。
埼玉ブロンコスの今季を振り返る特集が放送されます。

5月6日(土) 24時37分ごろ

TBS「スーパーサッカー」内

Jスポーツコーナーにて。


この特集が好評なら今後も特集を組めるかもしれないそうです。
バンバン周りに宣伝していきましょう。
僕らブースターにできること。
バスケと関係ある! | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ブースターの力を合わせるんだ!
2006 / 05 / 04 ( Thu )
宣伝するぞ!


こんにちは、13です。


シーズンが終わってもブースターの力を合わせるのだ。
5月6日(土)の24時37分からTBS「スーパーサッカー」内で
埼玉ブロンコスの特集があるそうです。
今シーズンを振り返る内容で、美原中で行われた最終練習にも取材が来たのとかなんとか。
ブロンコスブースターなら当然見る。
というか録画するぐらいの勢いで臨みましょう。
で、なぜ力を合わせるのかというと、です。
どうもこの特集の視聴率がよければ、
今後もブロンコスやbjの特集を組める可能性があるらしい
のですよ。
だったら、ブロンコスブースターのみならず他のブースターも
ここは一致団結して視聴率上げちゃおうよ。
やっぱりメジャーになるきっかけはメディアが握ってると思うんです。
最初は深夜の短い放送だとしても、チャンスですよ。
僕らができるのは応援だけじゃない!
こういった貢献方法もあると思います。

というコトで、もう一度。

5月6日(土) 24時37分ごろ

TBS「スーパーサッカー」内

Jスポーツコーナーにて。


みなさんも周りの人に宣伝して視聴者を増やしましょう!
ぜひお願いします!!!!
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
トマス杯とユーバー杯。
2006 / 05 / 03 ( Wed )
バ「ト」ミントンじゃなくてバ「ド」ミントンなのね。


こんにちは、13です。


ひょんなことからバドミントンの試合を見に行くことになりました。
今、日本で世界選手権みたいのをやっているんですよね。
ニュースで知ったんですが、まさかそれを見に行くことになるとは。
バドミントンの試合を見るのは生まれて初めてなので楽しみです。
女子選手で注目されているペアがいるとか。

さてさて、bjリーグファイナルから3日が過ぎました。
その間ちょっとブログをお休みしていましたが、HPのほうを更新していました。
プレイオフ、ファイナルの様子とブロンコスのスタッツを掲載しています。
よかったら見てみてください。

彩の暴れ馬HP
http://www.geocities.jp/ms_da_13/


女子日本代表負けてた。
オグシオタン明日見られない…。・゚・(ノД`)・゚・。
バスケと関係ない! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ファイナルの小ネタ。
2006 / 05 / 01 ( Mon )
ウェッサ~イ!


こんにちは、13です。


そんな気分の今日。
だって暑いんだもの、Hip Hop好きならウェッサイでまったりしたくなりません?
夏といえば西海岸。
アパッチの入場曲でDr. Dreの「Xxplosive」が流れてるのを聴いて、
「久々に聴きたいなぁ」と思っていた矢先のこの天気。
というコトで今日は一日中BGMは「Xxplosive」でした。
え、明日寒いの?

さてさて、セミファイナルに続いてファイナルも書きたいことが山ほど。
だけどブログでは書ききれないのでHPに載せる予定です。
というコトで恒例の小ネタを。

・前日の埼玉関係者に加えて庄司選手、堀川選手も会場に。
 安齋選手を交えて3選手で観戦していました。
 庄司選手はアルビブースターの方と話してましたね。
 もともとアルビにいたもんね。
 それにしても竜さまカッコいいわ。
 ありゃ女性が騒ぐのも無理ない。
 男から見ても私服姿の竜さまは決まっていたよ。

・ベンワー、携帯に夢中。
 チャンピオントロフィーがコートサイドに飾られていて、
 ベンワーは携帯でその写真を撮るのに夢中。
 待ち受けにするの?
 この様子はHPにアップします。

・島本さん!!
 日本バスケの父、島本和彦さんが会場に来ていました。
 ベンワーとなにやら二人で話し込んでました。
 僕の友人が島本さんを生で見れて興奮してました。

・やっぱりティナはMVPにふさわしいと思う。
 前日の試合でティナの動きの速さに驚愕した13。
 しかし、ティナはまだまだ技を隠していた。
 ムーンウォークできるのかよ!!!!!!
 キズナくんもすり足気味のならできるよ。
 後ろには下がれないけど。
 サインできるのかよ!!!!!!
 文字が書けるのか…
 「ティナ」って書くのか?

・チアがスゴイんですよ。
 新潟のチアがルパン3世の曲で踊ってすごい盛り上がった。
 世の男性は何歳になってもルパンがかかるとご機嫌になるものです。
 そして大阪のチアもすごい。
 うまく表現できないけど、チアが手に持ってるまりもみたいなヤツ。
 なんていったか忘れたけど、ふわふわしてるヤツね。
 全員でそれを中央に集めて、E・V・E・S・S・Aの順に文字を作るの。
 これはすんごいと思った。

・観客は7641人でした。
 これが意味することは言わなくてもいいですよね。

今日はこんなところで。
詳しいことはホームページにて後日。
bjリーグ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。