みなさん、bjリーグって知ってますか?

Basketball Japan League、そう、日本のプロバスケリーグです。


埼玉ブロンコス
仙台89ers
新潟アルビレックス
東京アパッチ
大阪エヴェッサ
大分ヒートデビルズ
富山グラウジーズ
高松ファイブアローズ

以上の6チームと新規参入の富山と香川の2つ、 計8チームからなるリーグです。
やっぱり地元にチームがあると嬉しいですよね。
バスケ好きな人も、バスケよくわからんって人も、ぜひ応援していきましょう!
地元にチームが無いよって人、安心してください。
5年後には12チームになる予定なので、きっとあなたの地元にもプロバスケチームが!
出来立てほやほやのリーグだからbjはみなさんのサポートを必要としてます。
bjが身近にある今、応援することはbjをあなた自身が創ることと同じです。
日本のバスケを育てよう!

bjリーグに関して、バスケに関して、どんな疑問・質問でも待ってます!
できる限り、僕の知っている限りお答えします!
少しでもみなさんのバスケの理解に、そしてバスケの普及に貢献できたら、と思います。

そんなbjリーグとバスケの普及、埼玉ブロンコスを応援するのが当ブログ。

彩の暴れ馬ホームページ
http://www.geocities.jp/ms_da_13/

※彩のくに=埼玉

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
PC前で手を合わせながら、自動更新で画面が一瞬白くなる度にハラハラ…
2006 / 02 / 11 ( Sat )
あと3点…あぁ、あと3点…


こんにちは、13です。


Yahooブログで3日に行われた大分ヒートデビルズ戦を振り返る記事を書いていました。
3回に分けて書いていて、それを全部掲載する前にブログを移転したため、
最後の第3回をこっちに掲載しようと思います。
今日の仙台戦も含めて。


会場の様子などは前回までに書きました。(前回までの記事は旧ブログにて)
今日は戦術に関して。

ブロンコスはもともとインサイドが弱くてリバウンド獲得数がダントツに少ないんですよ。
さらに大黒柱のベンワー離脱。
そういう状況もあって監督のCJが急遽現役復帰を決定しました。
CJ曰く「コート上のリーダーになりたかった」と。
コート上に監督がいるわけだから指示が浸透しやすいかもですよね。
実際に3日のCJ復帰戦では攻守にわたって指示を飛ばしていました。
守備時にはブロンコスはゾーンディフェンスを多用していたように思います。
確か2-3のゾーンで、CJは後列の真ん中、ゴール前。
一番指示しやすいポジションです。
ゾーンディフェンスはインサイドが弱いチームには打ってつけの戦略。
相手チームはインサイドを攻めづらくなり外角シュートでしか対応できなくなる。
…しかし、それはゾーンが機能したらの話。
なぜか大分の選手は楽々インサイドに切り込んでいました。
その選手に対してブロンコスのゾーンが収縮。
これ見よがしに大分の選手はパスアウト。
3ポイントライン外でパスを受け取った選手が見事にスリーを決める。
とにかくゾーン相手のはずなのに中と外でパスがポンポンまわるまわる。
こんな流れるオフェンスはブロンコスでは見たことない!

オフェンスに話を移しましょう。
ベンワー離脱後は清水太志郎と清水耕介のW清水がブレイクしました。
2人とも強気のオフェンスが持ち味のプレイヤー。
しかし最近(トニーエル加入後?)は目立たない。
トニーエル加入が2人に影響を及ぼしてるかどうかは分からない。。。
でも、3日の試合を見て思ったのは、
かなりトニーエルのアイソレーションを多用しているなぁ~、というコトですね。
埼玉にはオフェンスで引っ張れる選手が少ないため、
若くて勢いのあるトニーエルに任せる部分が大きいんでしょうね~。
本人が自分がやらなければ、という意識があるのかどうかは分かりませんが(笑)
PGがセットオフェンスをするためにトニーエルにボールを要求しても、
トニーエルはアイソレーションでいく場面が多かった。
その日は36点の大爆発でブースターから「マーカス!」コールの祝福を受けましたが。
それを受けてマーカスは両手をクロスさせるカンジのポーズ。
(どんな意味があるんだろう?聞いてみたい…)
トニーエルのボール持ちすぎを抜きにしても、
外角しかない埼玉対して相手ディフェンスは当然ガード陣にプレッシャーをかけるわけですよ…。
おかげでW清水、特に耕介が苦しんでいます。
耕介をフリーにするためスクリーンをかけてはいるんですが…。

う~ん、振り返ってみると攻守ともに問題アリですね(^^;

オフェンス
・インサイドを攻められず、アウトサイドの選手にマークが集中する。
・トニーエルのアイソレーションでオフェンスが単調に。
・実はイナックも似た傾向がアリ(汗)

ディフェンス
・リバウンドが弱い。
・ゾーンを敷くが簡単に突破される。

僕はただの素人なので打開策なんて思いつきません。
ただ、気になるのは日本人選手にフリースローが少ないというコト。
インサイドを主戦場とする外国人選手、特に開幕からいるイナックが一番多い。
しかし日本人選手ではスターターの耕介とベンチの青野選手がほとんど同じ。
フリースローは果敢にゴールに向かってアタックしているかの現れです。
青野選手はインサイドにドライブしてファールをもらうコトがあります。
ベンチスタートにも関わらずチームで2、3番目の試投数なのはそのせいでしょう。
フリースローは得点のチャンスであると同時に相手をファウルトラブルに陥らせるチャンス。
相手の外国人ビッグマンをファウルでベンチに下げることができたなら、
攻守でインサイドに問題を抱える埼玉にも希望が見えてくる。
だからこそ、日本人にも果敢に切り込んでほしい。


そんなブロンコスの今日の試合結果。

70-68

後半追い上げたのに…最後の安齋選手の3ポイントが外れたみたいですね。
残り1分半ぐらいに仙台のラリー選手がダンクを決めた時は盛り上がったんだろうなぁ。
追い上げられていたし、今日は満員だったみたいだし。
やはり「3点シュート失敗」の表示が多かった気がします。
新加入の庄司選手も頑張ったようですが…。


第1クウォーターはよくなかったものの、追い上げたしよしとします。
2勝19敗?14連敗?
今後破られるコトがないんじゃないかっていうぐらい負けてるんで、
なんかもう負けてもヘコたれないです。
決して感覚が麻痺してたり開き直ってるんじゃないですよ(^^:
とりあえずいい試合してほしい。
次につながる試合してほしい。
もちろん勝って欲しいけど、一生懸命やってくれれば。
僕は基本的に甘いんで(汗)


今日は惜しかった。
この勢いで明日は頼む!


長い文章を読んでくださった方々、ありがとうございました!
スポンサーサイト
埼玉ブロンコス | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<手から勝利がこぼれ落ちた、そんな試合。 | ホーム | 新たなスタート>>
コメント
----

ちょっと質問です。
「アイソレーション」とはなんですか?
あと、りバンドに弱いのと、本当に簡単にボールがまわされて、中に切り込まれるというのは、最初からなのに、試合が半分を終えた今でも改善されないのは、言い方はきついかもしれないけど、個々の能力の問題なのかしら?相手のゲームのスピードについていけないのかしら?
by: 応援がんばります☆ * 2006/02/11 22:43 * URL [ 編集] | page top↑
--1×5=??--

>応援がんばります☆さん
あっ、すいません!
アイソレーションとは、1on1をする選手ためにスペースを作るコトです。(ISOLATION=孤立)
コートをゴールから線を引いて半分に分け、
ボールがある側をストロングサイド、無い側をウィークサイドと言います。
ある選手が1on1を仕掛ける場合に、
ドリブルやカットインなどをしやすいように他の4人の選手がウィークサイドによけます。
そうするとその4人をマークしている守備も4人を守るためにくっついていくため、
コートの片側が1on1の状況になるんです。
ブロンコスの場合ではマーカスやイナックが手で払うしぐさを見せ、
他の選手がアイソレーションの形をつくってます。

守備に関してですが、ゾーンディフェンスって機能すると絶大な効果を発揮するぶん、
約束事が多くて連携が難しいんですよ。
マンツーマンディフェンスは常に決められた相手をマークし続けるのに対して、
ゾーンディフェンスは1人の選手が守る範囲が決まっているんです。
ゾーンディフェンスをする5人は交替によって変わるし、
相手の動き方によって臨機応変に陣形を変えなければいけないため、
選手間での意思の疎通が必要だと思われます。
その指示をうまく伝えるためにCJが復帰したのではないかと思ってます。
実際に試合ではCJがゾーンの中心でかなり細かく指示を出していたので。

ゾーンは選手の個々の能力よりも5人の総合力、といったイメージです。
1×5=??みたいな。
でも、さすがにあっさり突破されるのはさすがに問題アリです…。
個々に粘りが無いように感じます。。。
by: 13 * 2006/02/12 02:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして^^
訪問者リストからとんできました!
自分は昨日初めてbj見てきました。
楽しいですね。これからちょくちょく
拝見させていただきますね^^
よかったらリンクさせてください。
よろしくお願いしま~す
by: 七坊 * 2006/02/12 10:19 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとう--

13さん、ありがとう。
とても勉強になりました。また、なるほど~と良くわかりました。
ちなみに、他のチームもやはり、マンツーマンよりゾーンディフェンスなのでしょうか?
結構「さら~」と切り込まれることが多いように思うけど、そんなゾーンならマンツーマンのほうがいいとかあるの?
質問ばっかりでごめんね。
by: 応援がんばります☆ * 2006/02/12 11:06 * URL [ 編集] | page top↑
-->七坊さんへ--

はじめまして!
訪問、そしてコメントありがとうございます♪

東京アパッチと大阪エヴェッサの試合ですね。
僕も東京の開幕戦を有明で観戦しました。
やっぱり生観戦は最高ですよね!!
あの会場の雰囲気を味わうと病み付きになってしまいます。

ぜひぜひこれからもよろしくお願いします☆
by: 13 * 2006/02/12 13:35 * URL [ 編集] | page top↑
-->応援がんばります☆さんへ--

説明が長くなってしまいすいませんでした(汗)

どのチームもゾーンを使っていると思います。
ただ、ブロンコスも他のチームもゾーンを使い続けるコトはないと思います。
どんなにいいゾーンを展開していても、そのうち相手が慣れてしまうので。
僕はゾーンが一番効果を発揮するのはマンツーマンからゾーンに切り替えた時じゃないかと思ってます。
急にディフェンスの形態が変わるので、相手オフェンスは対応できないケースが多いんです。
だから、マンツーマンだけやゾーンだけではなくて、両方をうまく使い分けるコトが重要なように思います。

昨日の試合ではゾーンがうまくいったようですね。
とりあえずよかった。。。
by: 13 * 2006/02/12 14:03 * URL [ 編集] | page top↑
----

なるほど~
ありがとうございました。
またよろしくお願いします。
by: 応援がんばります☆ * 2006/02/12 17:28 * URL [ 編集] | page top↑
-->応援がんばります☆さんへ--

いえいえ、とんでもないです☆
また何かあったら遠慮なく質問してくださいね。
僕のできる範囲で、分かりにくいかもしれないけれどお答えしますので!
by: 13 * 2006/02/13 14:41 * URL [ 編集] | page top↑
--逆援助--

逆援助を希望する女性が後をたたない!!逆援助募集!
http://akaakaqueen.blog8.fc2.com/

アダルトな一夜を夢見る男性諸君♪逆援助やらないか?
http://yaplog.jp/akaakaqueen/

逆援助はここで勉強しましょう。
http://pksp.jp/akaakaqueen/
by: 逆援助 * 2008/11/24 22:11 * URL [ 編集] | page top↑
--逆援助--

優雅な女性たちの求めるアダルトな逆援助
http://ameblo.jp/akaakaqueen/

金をもてあました奥様の相手をしてあげて下さい!!!それで貴方も幸せになって下さい。高収入なら逆援助!!!
http://pksp.jp/akaakaqueen/

by: 逆援助 * 2008/11/24 22:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://broncos13.blog50.fc2.com/tb.php/2-4df7a9f2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。