みなさん、bjリーグって知ってますか?

Basketball Japan League、そう、日本のプロバスケリーグです。


埼玉ブロンコス
仙台89ers
新潟アルビレックス
東京アパッチ
大阪エヴェッサ
大分ヒートデビルズ
富山グラウジーズ
高松ファイブアローズ

以上の6チームと新規参入の富山と香川の2つ、 計8チームからなるリーグです。
やっぱり地元にチームがあると嬉しいですよね。
バスケ好きな人も、バスケよくわからんって人も、ぜひ応援していきましょう!
地元にチームが無いよって人、安心してください。
5年後には12チームになる予定なので、きっとあなたの地元にもプロバスケチームが!
出来立てほやほやのリーグだからbjはみなさんのサポートを必要としてます。
bjが身近にある今、応援することはbjをあなた自身が創ることと同じです。
日本のバスケを育てよう!

bjリーグに関して、バスケに関して、どんな疑問・質問でも待ってます!
できる限り、僕の知っている限りお答えします!
少しでもみなさんのバスケの理解に、そしてバスケの普及に貢献できたら、と思います。

そんなbjリーグとバスケの普及、埼玉ブロンコスを応援するのが当ブログ。

彩の暴れ馬ホームページ
http://www.geocities.jp/ms_da_13/

※彩のくに=埼玉

スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
シーズンオフでのバスケの楽しみ方。
2006 / 05 / 11 ( Thu )
埼玉ブースターにはハラハラドキドキの展開。


こんにちは、13です。


bjリーグのシーズンが終わって寂しいですよね。
特に熱狂的にチームを応援してきた籠球専門観戦人なんかは
潤いの無い日々を送っていそうで心配です。
仕事、手についてますか?
会社のパソコンで更新頻度の落ちたbj関係のサイト見てませんか?
勉強、できてますか?
授業そっちのけで選手の名前をノートに書いてませんか?
待ってください。
ドラフトがあるじゃないですか。
チームの来季、さらに将来を占う重要なイベントですよ。
今日はオフの楽しみ方としてドラフトを紹介します。

日本でドラフト制を採用しているのはプロ野球だけなので、
昨年bjリーグがドラフトを行った時に話題になりました。
野球のドラフトをニュースで見て知ってる方も多いと思いますが、
ドラフトは十分エンターテイメントですよ。
自分が応援しているチームはいったい誰を指名するのか。
考えただけでワクワクしませんか?
チーム状況を自分なりに分析して本番に臨むと一層ワクワクします。
「えぇ!?今はガードは必要無いだろ!?」とか、
「前評判の高いあの選手を指名できたなんて!」とか。
それにはある程度ドラフト候補選手の情報が必要なんですけどね。
昨年、ドラフト対象選手リストをbjが公表したように今年も期待。

では、ドラフトまでの流れをおさらいしておきましょう。

一次トライアウト

最終トライアウト(115名中、約60名が通過)

プロテクト選手発表(5月15日)

エクスパンション・ドラフト(5月21日までに)

ドラフト(5月22日)

今年のドラフトの特徴はエクスパンションですね。
これは新規参入球団がある場合に行われる方式で、
既存の球団が保有戦力の内の数名をプロテクトして
プロテクトされなかった選手がエクスパンション・ドラフトの対象となります。
そのドラフトで富山グラウジーズと高松ファイブアローズが選手を獲得します。
そして、2球団にある程度メンバーが揃ったところで8球団で改めて本ドラフトを行う。
ここでは最終トライアウトを通過した約60名が指名の対象となるわけです。

ドラフトの指名順はもちろん重要な鍵です。
しかし、今回に限って言えばプロテクト枠が何名か、が最も重要かと。
その人数によっては、既存の球団が泣く泣く手放さなければならない
貴重な戦力が出てくるかもしれません。
ドラフトの指名順、欲しいドラフト指名候補、
各チームが指名するであろう候補、誰をプロテクトするか…
約2週間、GMや球団関係者の腕の見せ所です。

プロテクト人数やドラフト方法などの規定が今日発表されました。
まずはbj公式サイトで確認してみてください。
http://bjleague.livedoor.biz/archives/50687507.html
これによると、プロテクトは何人でもOKなようですね。
しかし、3名を超えるとその人数ぶんドラフト指名権が行使できなくなります。
おそらく埼玉は1巡目3位以内の指名権を得るでしょう。
となると、プロテクトしてトップ3以内の指名権を放棄するとは考えにくい。
ブロンコスでは半数以上の選手がプロテクトされない、
つまりエクスパンション・ドラフトの対象となって高松や富山に指名される可能性が。
もしそこで指名されなければ後で埼玉と再び契約することはできますが、
もしかしたら選手が結構入れ替わってしまうかもしれませんね。
チームにとっては難しい決断だろうし、ブースターもこの行方は見逃せません。


一応契約に関しても触れておきます。
bjリーグでは2種類の契約があるんです。
A契約…契約期間は1年間、最低年俸300万
B契約…契約期間は1年以内、最低保証年俸なし
本ドラフトで指名された選手はA契約を締結することができます。
それ以外の方法での入団は全てB契約を結ぶことになるわけです。
それとサラリーキャップ制により各チームに契約金額の上限が設けられています。
昨季は公表されなかったものの噂では6000万だったとか。
その範囲内で選手を確保しなければならないため、
大物一人に頼る方法は難しいですね。
今季はサラリーキャップ上がるのかな?


NBAドラフトみたいに、bjリーグドラフトもテレビで中継されるようになるといいな。
ニックスファンみたいにコミッショナーにブーイングはできないけどね(笑)
スポンサーサイト
bjリーグ | トラックバック(2) | コメント(2) | page top↑
<<bjリーグの各賞受賞者。 | ホーム | "バスケがしたい!"ヤツと"バスケが見たい!"ヤツ。>>
コメント
--指名権派ですね!--

今回もドラフトネタ連動させてもらいました!

13さんはドラフト指名権派ですね。
「プロテクト派」と「指名権派」がはっきりしてて
いろんな意見が聞けて楽しいです。

今回のブロンコスは難しいですよね?
「監督」「外国人」の両方について、
ブースターから見ると不確定要素ですから、
トライアウトを見てない自分には予想がつかない・・・。

自分は何となく「プロテクト派」に近いです。
ただ、昨年の成績を考えると「指名権派」が定石ですよねぇ…(迷)。
by: まぬ * 2006/05/12 02:27 * URL [ 編集] | page top↑
-->まぬさん--

そうですねぇ、僕は指名権派ですね。
最終トライアウト通過者の中にビッグマンが何人かいたんです。
ビッグマンを獲得するチャンスがあるならいくべきかな、と思いまして。
来季ベンワーが戻ってきてもまた怪我するかもしれないし、
年齢的なこともあるからインサイドの層を厚くするのが優先かと考えます。
正直なところ、トライアウトに参加していたビッグマン達が
優秀なのかどうかは分かりませんでした。
会場でトライアウトを見てたのに…(汗)

あとプロテクトするとA契約を結ばなければならないっていうのも
指名権派である理由のひとつですね。

初年度から応援すると、初代チームメンバーに愛着が湧いて
プロテクトすべきって言いたいんですけどね…

3人はちょっと厳しいんでないかい?
by: 13 * 2006/05/12 19:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://broncos13.blog50.fc2.com/tb.php/35-4d243b0f
ドラフト制度発表
ついにbjリーグ公式ページにエクスパンション等のドラフト詳細が発表されました。ブロンコスブースターの望みは、なかなか実現が難しそうですね…。(記事の内容が間違ってたら教えてくださいね~!)公式ページの内容を順序付けてみるとこんな感じです。(1)既存チームに 三十路男のバスケット日記【2006/05/12 02:22】
一般素人の選手今後予想
やっと待ちに待った発表がありました。ドラフト、及びエキスパンションドラフトについてのbjリーグからの発表です。プロテクト3人以上で1巡目からドラフト権利がなくなると言う面白い事になりました。今いる選手とドラフト対象選手、言い換えれば実績とポテンシャルを天秤.. &quot;おにょ&quot;のバスケ観戦 ─しんけんブースト─【2006/05/15 00:08】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。